Excel (エクセル)の罫線の引き方

Excel の初心者入門編です。まずは、罫線から。

(Excel は Microsoft Excel 2010 Window版です。)

先日、友人からExcel の罫線の引き方を聞かれました。たしかに、普段 Excel を使っている人にとっては、普通に使っている機能ですが、初めて使う人にとっては意外と難しい。

僕がふだん使っている方法を説明してみます。

目標

罫線の引きたいセルを選んで、そのセルの下に太い罫線を引く。

ステップ1:セルの選択

まず、目的のワークシートをオープンします。

そして、自分が罫線を引きたいセルを選択します。

こんな感じ。

選択画面

選択は、まず一番左のセルでマウスを左クリックして、そのままマウスをドラッグ(ボタンを押したまま移動)すればOK。

選択肢終わったらボタンから指を放します。

ステップ2:右クリックメニューで書式を選択

次に、選択されたセルの上にマウスカーソルを置いた状態で、マウスを右クリックします。

右クリックメニュー

メニューから、セルの書式設定をクリック。

以下のウィンドウが現れるので、罫線タブをクリック。

罫線タブ

ステップ3:罫線を引く

さて、いよいよ罫線を引きます。

以下の画面で、4個設定すればOK。

罫線設定

1:色の設定

1番目のドロップダウンリストをクリックして、色の設定を出します。

2:色の指定

色の一覧がでてきますので、赤をクリック。

3:線の太さを設定

線の太さを設定します。ここでは、太い罫線なので、そこをクリック。

4:線を引く場所をクリック

ここでは、下線を引きたいので、下線を引くマークをクリック。

この設定をしたら、右下の[OK]をクリック。

完成:罫線が引けました

はい、これで罫線が引けました。(^_^)

罫線完成

もう少し、太い方がいいとか、色を変えたいとか、思ったら、もう一度同じ事をすれば簡単に修正できます。

他にもっと簡単な方法もあると思いますが、一番基本的な方法を説明してみました。

是非、自分でやってみてください。これで、ほとんど自由に罫線が引けるはずです。

おまけ:罫線の設定画面の説明

おまけで、罫線の設定画面について、簡単に説明します。

罫線オプション

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする