グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ

「グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ」読了。

大ヒット曲は持たないけれど、熱狂的なファンを持っているバンド、「グレイトフル・デッド」がなぜ成功したのか。その方法論を、実に分かりやすい章立てで解説している。

僕が通読して考えたのは、その方法論が

「いかにしてファンのコミュニティは作られたのか?」

に集約されるということ。

会社の製品でも、自分の趣味でも、あるいはボランティ活動でも、それに興味をもってもらって、ファンを増やし、応援してもらうためには何をするべきなのか、指針を与えてくれる。ただし、この本に書いてあることを「そのまま」実行しても奇跡は起きない。自分のやりたいことに置き換えて、実行すべきだと思う。

この本は一見、マーケティングの解答集に見えるが、実は問題集なのだ。この問題を解くのは、読者自身。さぁ、問題が知りたい人はこの本を読んで、自分自身の模範解答を作ろう。それだけの価値はある本だ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする